お電話またはメールにてお問合せください
一般内科、腎臓内科、人工透析内科
mail : minamiaoyamamedicalclinic@gmail.com
〒107-0062 東京都港区南青山7-8-8-101

03-6805-1836
透析ブログ

シャント狭窄・閉塞について

こんばんは。

『シャント狭窄・閉塞』について述べさせていただきます。

透析治療では、穿刺前と止血後に聴診器でシャント音の確認をしています。

シャント音は

連続した低い音正常

高い音・音が途切れる・音が小さい異常あり

とされています。

シャント音は聴診器がなくても、指で触れるだけで確認する事ができます。

正常なシャント音を覚えておき、シャント音が普段と違ったり、シャントが硬くなったり、痛みを伴う場合にはクリニックまでご連絡下さい。

起床後や食後、運動した後、就寝前にシャント音を確認する習慣をつけていただくと、シャントの異常に気づきやすくなります。

シャントは透析患者さんにとって命綱でもあるので、患者さんと協力して、感染予防に努め、狭窄・閉塞の早期発見ができるようにしていきたいと思います。

臨床工学技士 八木靖章