人工透析

人工透析とは

健常な人には、左右の背部に2つの腎臓があり、常に体中の血液中の尿毒物質を除去し、さらに身体の中の水分量や電解質の調節を行うために尿を産生して全身状態を良い状態に保っています。

腎臓が働かなくなると、これら機能が失われ、放置しておくと、生命を円滑に保つことも難しくなります。そこで、人工的に尿毒症物質や尿として排出されにくくなった水分を体外に排出することができる治療を人工透析と言っています。

人工透析には、血液透析(HD)と腹膜透析(PD)があります。

人工透析とは

血液透析(HD)

血液透析とは、内シャントを作成した後、太くなった静脈に2本の針を刺して、体内の血液を体外循環しながら、ダイアライザーと呼ばれる血液透析器で血液をきれいにし、水分除去を行う治療です。このダイアライザーは、人工の腎臓のような働きをしますので、人工腎臓と言われています。つまり、血液中の尿毒症物質を拡散という方法で除去し、除水も行います。

しかし、ヒトの腎臓で産生されるエリスロポエチンの補給やビタミンDの活性化ができないので、その補給も必要となり、血液透析ではできないこともあり、同時に治療を行わなくてはならないと思われます。

通常、日本では施設血液透析が98%行われています。施設に週3回、1回4から5時間の透析で、決まった時間に行われます。

当クリニックでは在宅での血液透析治療もおすすめしています。

オンラインHDFについて

血液透析にさらに濾過を加えた治療を、血液透析濾過と呼ばれていて、通常、血液透析濾過を英語でHemodialysis Filtration(HDF)と呼ばれています。さらにこのHDFにおいては、“オフラインHDF”と“オンラインHDF”があります。

“オフラインHDF”は、血液に圧力をかけて、補液を用いて行うため、加える補液はバックに入っているため少量しかくわえられません。

“オンラインHDF”は、透析液をそのまま補液として用いるため、補液の量はオフラインHDFに比べても非常に多く、これにより多くを濾過することが出来、より多くの老廃物を取り除くことが出来るようになります。 “オンラインHDF”を行うためには、透析液が非常に清浄でなければ行なうことはできません。

当クリニックでは厳重な透析液の管理を行い、透析液の清浄化を推進し、さらにこの治療において、体の中の多くの老廃物を取り除き、患者さんに元気になっていただくため、オンランHDFを推奨しております。

そこで、“オンラインHDF”の効果を挙げてみます。

1.通常の血液透析では、除去が困難な毒素・老廃物の除去が出来ます。

透析アミロイド症の予防と軽減:血液透析で除去できない大きな分子量のβ2―ミクログロブリンという物質が原因で起こるとされる骨・関節痛や手根管症候群や破壊性脊髄炎や種々の臓器にアミロイド沈着しておこる透析アミロイド症の予防と増悪防止が出来ます。

貧血の改善:造血ホルモンであるエリスロポエチンを阻害する物質を除去できることから、腎性貧血が改善されます。

食欲の改善:不要な老廃物の除去によりお元気になり、食欲が出てきます。また、食欲抑制物質が除去されるという報告もあります。

2.全身の痒みや下肢のイライラ感や色素沈着などの症状改善が認められます。

不要な老廃物が除去され、透析を行うことで生じてくる原因不明の関節痛やしびれや皮膚の痒みやイライラ感や下肢つれが改善しています。

3.透析中の血圧が安定します。

HDFを行うことで、透析中の血圧が安定し、降圧剤が減らせたという方もおられます。

4.透析による疲労感が減少します。

オンラインHDFを行うことで、透析患者様を悩ませていたことが、少しでも改善され、元気な生活を送っていただくことが、当クリニックスタッフの願いです。
CLINICS by medley
life Bridge Japan
腎臓病・透析に関わる すべての人の幸せのためのじんラボ
トータルケアリングステーション春陽苑
生きがいが得られる治療を南青山内科クリニック Minamiaoyama medical clinic 透析療法を自由に選択可能!在宅血液透析、腹膜透析と併用療法をしませんか?

ご予約・お問合せは
お気軽に

透析導入が必要な方、引越しなどの理由で転院を検討中の方など、
透析に関することならなんでもお気軽にご相談ください。

3月より夜間血液透析を
開始いたしました。

多くの患者様からのご要望にお応えすべく、3月より月・水・金の夜間血液透析を開始いたします。
まだ若干の空きが御座いますのでご希望の患者様はお問い合わせください。